初めまして。

未経験からITベンチャーへ入社して9か月目の弱小エンジニアのいすいです。

このブログでは未経験プログラマーが日々の業務で感じたことを淡々と投稿していきます。年内に毎日投稿を目指したいと思っています。

自己紹介

2020年3月某理系私立大学物理学科卒業。現在23歳社会人一年目です。

勤め先は従業員20人ほどの受託開発メインのITベンチャーです。

会社のストレスからIBS(過敏性腸症候群)診断され、常におなかいたいです。いつか自社開発に行きたいです。。(´;ω;`)

いつか自社開発に行きたい。。(´;ω;`)

テスト漬けの日々

しんどいし、眠い

現状の話をしますと、自分は今年(2020年)の7月~今でテスターをしています。

知らない人のために伝えときますが、テストって期末とか中間のテストではなくてソフトウェアテストのことです。

ソフトウェアテストとは、作ったシステムだったりアプリだったりを、テスト仕様書を見ながらバグがないか細かくチェックすることですね。


未経験プログラマーは最初テスターから始まることが多いと思います。

正直言うと、
これがほんっっっっっっっっっとにしんどいです!!!笑笑

しんどい人


プログラミングなら何時間も続けられますが、テストは全然やる気がおきません。

そんな中で何時間も集中するのはほんとに苦行です。

それが何か月と続くと心が折れてきます。そうするとバグを見逃すことが増えます。

そして怒られます→また頑張ります→心が折れてきます→バグを見逃します→怒られます。

その繰り返しです。

現在12月もテスターのままですが、自分は何回も怒られて、すでに2回体調を崩しています笑笑(過敏性腸症候群でした)
「ほんとはプログラマー志望なのに。。」とか「会社辞めたい」とか思うレベルできついです。

エンジニア志望の方にお伝えしときますが、テストは本当に体力も精神力も使う仕事です。覚悟しましょう。笑笑

物理かプログラミングか

物理のイメージ

少し時空をさかのぼり、なぜ自分がITを選んだのかお話ししましょう。

高校で物理が好きになり、大学では物理を専攻していました。

プログラミングの方は授業も一部ありましたが、大学3年までプログラミングは苦手で大っ嫌いでした。笑

それが、大学4年のプログラミングの授業ではなぜかできたんですよね笑


今思うと3年までは授業なんか聞かず、課題を人に見してもらうだけでしたが、
4年生では最初からちゃんと真面目に受けてたので、基礎ができたのだと思います。

そこからは授業外でもプログラミングを触るようになり、「肉体労働しなくていいし、給料もそこそこだし、楽しいし、プログラマーって天職じゃね!?」と思って、4年の6月に志望をITに急遽変更しました。

物理学科を卒業して結局ITってどうなの?と葛藤がありましたが、今では後悔していません。

むしろエンジニア力をつけて物理に戻るのもありかなと思っているレベルです。(物理屋さんは意外とITに詳しくない人が多いので、IT人材は必要とされているのです)

今後

まだ不定期ですが、投稿を増やしていきます。
役に立つ情報も入れられるようにします。

しばらくは鬱テスターですが、頑張ります!笑笑